4007 V6 3.0L Petrol base MITSUBISHI OUTLANDER 3.0L
欧州のプジョーラインナップに存在するSUV「4007」
大人の遊びゴコロで日本の排ガス規制に対応したガソリン仕様を製作!
フロント フロントグリル
リアコンビランプ
レザー加工ハンドル リア
18インチCanyon
ボディーサイド フロント正面
上記車両には各種オプションパーツが組み込まれています。
  欧州でラインナップされるプジョーブランドとしては初の本格的SUVモデル「4007」の、日本の排ガス規制にマッチしたオリジナルモデルPetrol(ガソリン)バージョンを製作しました。

 多くの方がご存じのように、「4007」とボディー構造を共有する「三菱アウトランダー(3.0Lモデル)」をベースに、欧州より輸入した「4007」用パーツで外装を徹底換装。フロント周りのヘッドライト、バンパーなどを新たに取り付けるため、ボンネット裏の土台となるフレーム部分までも「4007」専用の骨格パーツとし、プロダクションモデル同様の完璧な外観・フィッティングを実現しました。

 また、トランクスペースのサイドグラス、サイドドアウインドウのモールも忠実に再現するためメッキモール仕様のガラスに張り替えるなど細部のディティールアップを行うことで全体の統一感をあげています。

 特徴的なリアゲートのガーニッシュ部分にも、「4007」オリジナルのコンビランプの形状やデザインテイストにマッチする本国仕様を意識したワンオフ仕様。各部アールとのつながりを意識したディティールになっています。

 足回りはホイール径、タイヤサイズとも、225/55 R18の純正サイズをキープしながらも、ドレスアップポイントとしてドレスアップアルミホイール定番ブランド「OZ Racing」の「Canyon ST(キャニオンST)」18インチを装着、5スポークのシンプルかつ頑強なイメージで、疾走する躍動感あふれた「4007」とマッチさせています。

 欧州では500万-600万円台半ばのちょっとした高級車である「4007」。並行で輸入※1したとしても、相応の価格になることは否めません。換装費用は200万円程度でアウトランダー3.0Lモデルのベース車両代を考慮してもかなりリーズナブル。2.4Lモデルでも十分な動力性能ですし、さらにコストダウンできそうです。兄弟車であるCITROENのSUVモデル、「C CROSSOR」も同様の手法で製作が可能です。

 日本で生産※2されてはいても、日本の公道ではお目にかかれない「4007」と「C CROSSOR」。大人の遊びゴコロを持ち、人とは違った一台を求める方へのご提案です。
※1:ほとんどが2.2L HDi仕様なので現状での輸入は困難です。ガソリンモデルはアウトランダーのほうがずっとパワフル。
※2:生産は後に欧州に移管されるそうです。

-Close Window-
このサイトはリンクフリーですが掲載している画像、データ等の無断転載はご遠慮下さい。
Copyright (C) 2008 YM WORKS CO LTD